ニコチンが必要な時はニコレットで抑えよう

煙草をやめたいと思ってもつい吸ってしまう、それはニコチンに依存しているからです。少しでも煙草の本数を減らそうと思っているならば一時テレビCMでも話題となったニコレットを使ってみましょう!もしかしたら煙草をやめることができるかもしれませんよ!

ニコチンが欲しくなるならニコレットで代用

禁煙時にはタバコを止めたい意志とは裏腹に脳がニコチンを求めるようになります。これはニコチンに依存性がある為にタバコを吸いたくなってしまうのですが、そこで吸ってしまうと意味がありません。ですから何らかの方法で我慢をすることが大事ですが、我慢が難しい時にはニコレットで代用するのも良いでしょう。
ニコレットはいわゆる禁煙ガムであり、ガムからニコチンを吸収させることができます。ニコチンを吸収することになるものの、タバコを吸わずにいられる時間を延ばしたり、タバコのない生活に慣れる為にも有効なアイテムと言えます。
ただ、ニコレットに依存してしまうケースも少なからずあります。最終的にはニコレット自体も止めなければいけませんので、徐々に減らして依存しないようにしていくことも大切です。また、逆に噛む量を増やすのも良くありません。量を減らしたら減らしたままでいられるようにしていくのが禁煙成功の為のポイントと言えます。
効果的に使用する為には噛み方も重要なのですが、よくやってしまいがちなのが普通のガムとして噛む使い方です。噛み方には指定があり、普通のガムのようにして噛むのは間違いです。
噛み方としては何度か噛むとニコチンが放出されてピリピリとした刺激を感じますので、そうしたら歯と歯茎の間に挟めて置いておきます。そうすることによって徐々に口内の粘膜からニコチンが吸収されますが、数分すると放出が止みますので再度噛んでまた置いておくという風に使います。
普通のガムのように噛むと唾液によってニコチンが流され飲んでしまうことになりますし、飲むと喉を傷めますので注意しましょう。また、長時間噛むと具合が悪くなることもある為、長くても60分程度に留めた方が良いとされています。